Live By The Code

元業務系プログラマの呟き

WildFly8.0.0CR1をEclipseから起動してみる

WildFlyとは?

いわゆるアプリケーションサーバです。WildFly8はJavaEE7準拠です。

EclipseJBoss Toolsを入れる

WildFlyはNetBeans7.4では使えないようなので(NetBeans8から使えるようになる模様)Eclipseを使います。私はeclipse-jee-kepler-SR1-macosx-cocoa-x86_64.tar.gzというやつを取って来ました。

Macの場合は、コンソールの日本語が?に化けるのを防ぐために、Eclipseを展開したらこの作業をやっておきましょう。

起動したらメニューからHelp→Eclipse MarketPlaceを開き「jboss」で検索すると「JBoss Tools (Kepler) 4.1.1.Final」というのが出てくるので、それをインストールします。Confirm Selected Featuresとかいう山ほどチェックボックスが出てくるダイアログとか表示されたりするけど特に気にせずデフォルトのまま次へ次へとやっていきます。

WildFlyを入れる

ダウンロードはここから。私は wildfly-8.0.0.CR1.tar.gzというやつを取ってきました。

  1. wildflyを適当なところに展開する
  2. Eclipseのウェルカム的な画面を閉じる
  3. Window→Show View→Serversを開く
  4. サーバが無いから作れや的なリンクをクリックする
  5. WildFly 8.0 (Experimental)を選んでNext
  6. WildFlyを展開したディレクトリを入力してFinish。こんな感じ

f:id:lbtc_xxx:20140116175730p:plain

起動してみる

「Servers」にWildFlyが現れたら右クリックメニューからStartしてみましょう。
f:id:lbtc_xxx:20140116180115p:plain

2915msとなかなか速いですね。ついでにブラウザからアクセスしてみましょう。
f:id:lbtc_xxx:20140116180145p:plain

ちゃんと動いているようですね。